ブーム到来!飲む日焼け止めが今年の夏は大人気

紫外線が気になる季節。日焼け止めは必須アイテムですよね。日焼け止めといえば、乳液やジェルなど塗るタイプのものが主流でした。しかし最近では、飲む日焼け止めがブームになってきています。やっと日本にも入ってきた、飲む日焼け止めについて解説します!

飲む日焼け止めとは?

紫外線を浴びると老化の原因になることは、聞いたことがある方もいると思います。老化の原因の8割は紫外線による、光老化だと言われています。紫外線を浴びると、細胞が傷つけられるので、しみや皮膚がんの原因になります。紫外線が当たりにくいところは、老化があまり進みませんが、顔や手など紫外線が浴びやすいところは、しわやたるみが出てきます。環境省も紫外線対策についてマニュアルを出しています。参考にしてみてください。

「紫外線. 環境保健マニュアル」

飲む日焼け止めは、紫外線により発生するメラニン色素を抑制する成分や、抗酸化作用のあるニュートロックスサンという物質などが入っています。これらの物質により、日焼けを軽減し、しみ・しわの原因を抑制する効果が期待できるのです。

飲む日焼け止めのメリット

飲む日焼け止めは、体内から紫外線による害を防ぎます。日焼けを軽減させ、しみ・しわの原因を抑制する効果に加え、肌のターンオーバーを促す成分が含まれているので、アンチエイジングや美白にも効果が期待されます。

塗る日焼け止めで、肌荒れや乾燥が気になっていた方も飲む日焼け止めではそういったストレスからも解放されます。また、塗りムラや塗り忘れ、汗や水で落ちてしまって塗り直し…なんてこともなくなります!

また、家にいるときや雨の日など、日焼け止めを塗ることが躊躇われる日でも、日焼け止め効果以外にも効果があるので飲むだけ!であれば、続けることができると思います。サプリメントは、薬ではなく食品なので副作用もなく、安心して使用できます。

過剰摂取には注意!

副作用はないと言っても、過剰摂取はやめましょう。日差しが強いからたくさん飲んでおこう、と飲む日焼け止めを過剰摂取すると健康被害が起こる可能性もあるので、用法用量を守って使用するようにしてください。日差しが強いときは、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを一緒に使うこうともオススメです。

サプリメントを選ぶ際は、海外製よりも日本製がいいです。国内産であれば、成分を確認することも可能で、余計な添加物が含まれていないので安全です。飲むタイミングは、ものにもよりますが、体内に吸収されるまでに30分ほどかかるので、出掛ける1時間くらい前に飲むのをオススメします。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top