女性特有のシミ「肝斑」の原因と特徴

「肝斑」は30代〜40代の女性に多く出るシミの一種で、左右対称な形でできるのが特徴です。妊娠やピルを飲み始めたことをきっかけにでる人も多く、女性ホルモンの分泌も大きく関わっているとされています。

左右対称に出ることが特徴

「肝斑」は頬や鼻の下、額などにできるシミの一種です。左右対称にでるのが特徴となっており、非常に広い範囲にできてしまうこともあります。シミの広がり方が肝臓の形に似ていることが肝斑という名前の由来になっています。特に「30代〜40代」女性に出ることが多く、妊娠やピルを飲み始めた頃から目立ってくるケースが目立ちます。閉経と同時に薄くなってくる場合もあるため、「女性ホルモン」と非常に深い関わりがあるといわれています。

また、頻繁に顔を触る癖がある人や、顔を強くこする癖がある人にはでやすいともいわれています。まだ原因やメカニズムが完全に解明されていないシミの一つで、現在も研究が進んでいます。

美容目的のシミ治療が逆効果になることも

肝斑はシミの一種ですが、一般的な「メラニン色素」が原因のシミ治療を行うと「逆効果」になることがあるといわれています。これは、美容目的のレーザー治療や、光治療はメラニン色素に光を反応させ、色素を焼き切ることによって治療するからです。皮膚や軽いやけどを負いますが、自然治癒することでメラニンのシミも消すことができます。

しかし、肝斑はメラニンが原因のシミではないため、効果を得られずにやけどだけが残る可能性があるのです。肝斑のシミ除去にも使える美容治療も開発されていますが、基本的に保険の適用外になっています。また、家庭用の「レーザー脱毛器」なども肝斑に過剰に反応してしまうこともあるため注意が必要です。

女性ホルモンのバランスを整えるのが重要

肝斑を予防するために重要なのが「女性ホルモン」の分泌バランスを整えることです。女性ホルモンのもととなる栄養素をとるだけでなく、ストレスをためないことや生活を規則正しくすることが重要になってきます。これは生活の乱れがホルモンバランスの乱れにもつながってくるからです。

また、肌への刺激が肝斑へ悪影響を与える可能性も指摘されているため、洗顔の際も「優しく洗う」ように心がける必要があります。肝斑治療の中でも特に注目されているのが「ハイドロキノン」です。美容クリームなどに含まれていることも増えており、肝斑の悪化を抑える効果があるといわれています。「ハイドロキノン」と相性がいいのがビタミンCで、美白サプリと一緒に使って、内と外から治していけば効果も実感しやすくなります。

まとめ

肝斑は30代〜40代女性に発生するシミで、女性ホルモンの「バランスの乱れ」が原因といわれています。一般的なシミとは発生のメカニズムが違うことに注意が必要で、ハイドロキノンを使った化粧品と美白サプリの併用など、効果的な組み合わせを行った方が治療効果を感じやすくなるのです。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top