敏感肌でもできる美白のポイントは

「敏感肌」は肌に合わない化粧品が多いことから、「美白」が難しいとされています。美白成分が入った化粧品は肌への刺激が強い物もあるため、敏感肌の女性には合わないことが多いため、美白サプリなどを使って内側から補っていくことが重要です。

美白成分は敏感肌には合わない?

美白に効果があるとされる美白化粧品には、肌への刺激が強い成分が含まれる場合があります。美白の代表的な成分である「ハイドロキノン」は美白に重要なメラニンの除去に効果を発揮しますが、その分肌への刺激も強く敏感肌の女性との相性は良くありません。

同じハイドロキノンでも成分濃度が薄いものなど、肌に優しいものを使っていくのが敏感肌の美白のポイントになります。

もっと一般的な化粧品成分である、「アルコール」などの刺激にも負けてしまうような敏感肌の場合は、保湿成分の「セラミド」が多いものを使うなど、まずは肌に負担をかけないことに気を付けるのが大切です。肌荒れが原因で色素沈着をおこし、「シミ」の原因ができてしまうこともあるため、まずは肌の健康を保つのが第一歩です。

傷は美白のためにもなるべく避ける

敏感肌は、乾燥肌や「痒み」の原因になりやすく、かいてしまうとその跡が傷となって長く残るなど悪循環に陥りがちです。肌へのダメージはそれだけ色素細胞を刺激し、メラニンの発生を活発化してしまいます。痒みを抑えるためにも保湿が重要で、セラミドを使った化粧品で足りない場合は、食品やサプリで補っていく方法もあります。

セラミドは保湿のために大切なだけでなく、肌を刺激から守ってくれる「バリア」としての役割も持っています。肌の生まれ変わりを活発にするためにも「ビタミンC」や「コラーゲン」をしっかりと摂取し、セラミドが働きやすい環境を作ることも大切です。玉ねぎなどを積極的に取り入れて血液をサラサラにし、皮膚まで十分な栄養を届けるのもポイントになってきます。

プラセンタなどのサプリで積極的に補う

美白に効果を期待できる成分に「プラセンタ」があります。プラセンタはシミの原因のメラニンの分泌を抑えるだけでなく、すでに作られたメラニンを除去してくれる「還元効果」も期待できます。肌の生まれ変わりを活発にし、肌を強くする効果にも期待が持てるため、セラミドとともに積極的に摂取したい成分です。

プラセンタは自然の食品から摂取することができないため、美白サプリや美白ドリンクで補うのが効果的です。セラミドやビタミンCが一緒に配合されているケースも多いため、バランスよく栄養を補うことができるのです。皮膚の生まれ変わりに重要な「L-システイン」を補って、より強い肌を目指していく方法もあります。

まとめ

敏感肌の女性は、美白成分の入った化粧品も刺激が強すぎて使えないケースがあります。まずは肌に負担をかけるよりも、セラミドなどで保湿を行い、肌を保護することが大切です。その上で、プラセンタやビタミンCなどが入った美白サプリを摂取することで、「肌質の改善と美白」を身体の内側から目指すことをオススメします。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top