日焼け跡を残さなたいための正しいお手入れ方法とは

「日焼け」は美白の大敵で、正しいお手入れをしないと肌トラブルに陥りがちです。日焼けを軽く見ていると、シミになって残ってしまうこともあるため、日焼け後には正しくケアすることが重要です。

日焼けは肌の火傷と同じ?

日焼けは「紫外線」で皮膚が傷つけられた状態であり、非常に刺激にも敏感な状態になっています。日焼けをすると「メラニン色素」が分泌されて肌が小麦色になっていきますが、色素が沈着すると今度は「シミ」になってしまいます。

日焼けをした場合は早目にケアをするのが重要で、大切なのが「肌を冷やす」ことです。肌が赤くなってしまっている場合は念入りに冷やします。冷やし過ぎは風邪のもとになってしまいますが、しっかりと冷やさないと肌にダメージが残ってしまいます。

熱による刺激もメラニンの分泌のもととなるため早めに対処し、痛みなどが残る場合は日焼け用の軟膏を塗るなど、皮膚を保護して回復を促すことが重要になります。

日焼けが長引く場合

肌が熱を持った状態が中々おさまらない場合は、ガーゼなどを当てた上で氷を当てて冷やしていくと効果的です。この場合は、ずっと同じ箇所に当て続けると霜焼けなどの別な悪影響が出てくるため、あてる場所を「ローテーション」でかえるように冷やしていきます。「保冷剤」や「タオル」など、身近なもので代用していくのも賢い方法です。

痛みが引いてきたら、化粧水や乳液でしっかりと「保湿」をすることも大切です。あまり日焼けが激しい場合は、朝の洗顔も水だけで行い、外出も控えるなど肌を休ませる必要もあります。日焼けのダメージが残った肌は非常に「紫外線」の影響を受けやすくなっているため、細心の注意が必要なのです。どうしても外出する必要がある場合は、日焼け止めをしっかりと塗り、短時間で外出を済ませるなど工夫をすることが大切です。

皮膚をかくのはNG

日焼けをすると肌がかゆくなることがありますが、かゆいからといって肌をかいてしまうと、また肌を傷める原因になるため「絶対にNG」です。

また、日焼けをすると皮がむけてきますが、「皮をむく」のもNGです。化粧水や乳液などでケアを行う以外は、なるべく触れないようにするのが基本です。

外からのケアだけでなく、「身体の中」からお手入れすることも重要です。特にビタミンCは色素の沈着を防ぐために重要で、積極的にとりたい栄養素です。また、「水分」を積極的にとって皮膚の新陳代謝を活発にすることも大切です。

栄養の摂取と共に大切なのが、早く休むことです。肌の生まれ変わりは寝ているときにもっとも活発になります。特に22時から午前2時までの時間が良いとされているため、美白サプリを飲んで早めに休むとシミなどの不安を軽減することができます。

まとめ

日焼けのお手入れはまず冷やすことが重要です。冷やした後はしっかりと保湿を行った上で、身体の内側からも栄養を補給します。「新陳代謝」が活発ならシミなどは残り辛いため、新たな日焼けを避けながらゆっくり肌を休ませることも大切なのです。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top