目的や悩み別に、美白成分を選ぶポイントは

美白に効果が有るといわれる成分成分を配合した美白サプリや美白化粧品は数多くありますが、最近では色んなメーカーから発売されているため、どの美白サプリを選べばいいか迷いがちです。美白に効果のある成分といっても、それぞれの美白成分には違いがあるため、各美白成分の基本となる特徴を知っておくことも大切です。

肌が弱い女性には要注意な美白成分もある

非常に高い美白効果があるといわれているのが「ハイドロキノン」です。元々は美白用の薬品として使われていましたが、薬事法の改正により一定割合以下であれば化粧品などにも配合することが可能になりました。

ハイドロキノンは「シミ」の原因になる「メラニン」発生を阻害するだけでなく、できてしまったメラニンを薄める効果もあります。

美容皮膚科などでも治療の跡の色素沈着を防ぐために使われています。「肝斑」の治療にも有効で、このハイドロキノンを真似て作られた美容成分も存在します。ただし、高濃度のものは医薬品の扱いとなり扱いに注意が必要になってきます。また、使い過ぎも肌を傷める原因となるため、用法と用量を守ることも重要です。

メラニンの分泌を抑える美白成分が主流

より一般的な美白成分となってくると「メラニンの分泌を抑える」ものが主流になってきます。メラニン分泌を抑制することで、メラニンの発生を防ぐのです。ハイドロキノンを元に作られた「アルブチン」や、炎症を抑える効果のある「トラネキサム酸」が有名で、様々なサプリや化粧品に含まれています。

また、近年注目を集める成分に「プラセンタ」があります。プラセンタとは動物の胎盤から作られるエキスのことで、メラニンの分泌を抑えるだけでなく、新陳代謝を活発にする効果に期待できます。アンチエイジング効果にも期待が持てることから、美容注射やサプリメントなどで目にする機会も増えています。

プラセンタは厚労省に認可された美白成分であり、安全性が高いことでも知られている成分です。

天然の食品に含まれている美白成分

美白成分の中には食べ物の中に含まれているものも存在します。「ビタミンC」は食事でとれる美白成分の代表的な存在で、積極的にとりたい栄養素です。シミの原因となるメラニン色素を抑制するだけでなく、肌の生まれ変わりにも重要です。

「エラグ酸」はイチゴやラズベリー、ブラックベリーに含まれる抗酸化物質で、メラニン分泌の過程を阻害することで知られています。紅花油に含まれる「リノール酸」もメラニンを排出する作用が知られており、より美容に効くように成分が調整されたものも存在します。

他にも日本酒や味噌を作る際に使われるコウジが生み出す「コウジ酸」も美白に良いとされていて、様々な形で活用されはじめています。

まとめ

美白に効果的な成分は数多くあり、美容皮膚科で積極的に使われているものもあります。ただし、使い過ぎれば肌が荒れる原因ともなるため注意が必要で、美白と一緒に何を目指すのかでも選びたい成分が変わってきます。

食品に含まれる美白成分も多いため、積極的に取り入れるのも方法で、複数の栄養をまとめてとれる美白サプリを使うのもおすすめです。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top