美白化粧品は効果が確認された成分が含まれることも

「美白化粧品」と一口にいっても様々ありますが、注目したいのが成分です。厚生労働省が認可した美白成分が入った化粧品も多く、化粧品選びの目安ともなっています。

美白は成分選びからこだわる時代

美白にこだわる女性は多く、それだけに化粧品メーカーも様々な工夫をしています。新しい美容成分が日夜発見されていますが、安全性や効果があるかが第三者に確認されているかも重要で。目安になるのが「厚生労働省の認可」を受けている成分が入っているかどうかです。

厚生労働省が認可する美白成分は、メラニンの生成を阻害するものや、メラニンの排出を促すものなどが含まれています。元々医薬品などとして使われていたものもあり、効果に期待できるものが多いのも特徴です。安全面でも高いハードルが設定されているため、安心感があるのも心強いポイントです。自分の症状や好みに合わせて主要な成分を選ぶのも大切になってくるのです。

代表的なものがハイドロキノンとプラセンタ

非常に高い美白効果を期待できる成分が「ハイドロキノン」と「プラセンタ」です。元々医薬品用に開発されたものが主流でしたが、薬事法の改正や美容効果の高さが科学的に証明され、美白化粧品に含まれるケースが増えてきました。

ハイドロキノンはメラニンの分泌を抑えるだけでなく、できてしまったシミなどを「消してくれる」効果に期待できます。ただし、作用が強いため、使った後はしっかりと紫外線を防止するなど対策をとる必要があります。これはメラニンの除去に期待できる分、肌が紫外線に弱くなってしまうからです。

プラセンタエキスは動物の胎盤から作られるのが特徴で、非常に「安全性が高い」ことでも知られています。メラニンの分泌を抑え、肌の新陳代謝を活発にすることで美白効果に期待できます。アンチエイジング効果にも期待できることから、サプリメントに含まれている場合もあります。

より手軽に、安く使える美白成分

ハイドロキノンやプラセンタは効果に期待できる分、美白化粧品も高価になりがちです。より手軽に使えるものでは、ビタミンCを使ったものがあげられます。特に「ビタミンC誘導体」は皮膚に浸透しやすいように調整されたもので、シミを消す効果に期待できます。

紅花油に含まれる「リノール酸」も美白に効果があることで知られており、化粧品に最適に加工されたものが存在します。日本酒や味噌作りで使われるコウジから見つかった「コウジ酸」も美白に効果があることが知られており、日本ならではの美白成分といえます。

予算に合わせた選択肢が広いため手軽に使えるのが魅力ですが、身体の内側から補うことも大切なため、美白サプリで補うのもポイントです。

まとめ

美白化粧品でも、厚生労働省が認可した美白成分を含んだものは特に「信頼性が高い」のが特徴です。体質や予算によって選択肢が多いのも魅力ですが、外側からのケアだけでは効果を実感しづらい時もあります。そんな時は美白サプリで補うのも賢い方法です。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top