肌の潤いを保ち、ダメージを防ぐセラミドとは

保湿成分として有名な「セラミド」は天然の食品にも含まれています。肌表面に多く存在し、皮膚をダメージから守る役割があることから、美容化粧品やサプリメントに利用されるケースが増えています。

皮膚の潤いを守るバリア効果のあるセラミド

セラミドは皮膚の中に多く含まれていて、「潤い」を閉じ込め、紫外線などの刺激から肌を守る「バリア」としての役割を持っています。細胞と細胞をつなぐ、細胞間物質の半分以上はセラミドでできています。そのため、セラミドが不足すれば細胞の間に隙間が空いてしまい、乾燥しやすくなってしまいます。肌の乾燥は肌荒れをおこしやすくなるだけでなく、「シミやくすみ」の原因にもなります。肌のバリア機能が弱ってしまうため、それだけ紫外線の影響も受けやすくなります。

セラミドは肌の生まれ変わりにも重要な役割を果たしています。肌のターンオーバーが遅れればそれだけシミができやすくなるため、美肌や美白のためにも積極的に摂取したい成分の一つです。

セラミド配合の化粧水や美容液も多数

セラミドの「保湿性」に注目し、「化粧品」に配合するケースも増えています。セラミドを直接塗ることで、保湿作用やバリア機能に効果が期待できるからです。

セラミドは美容液に含まれる場合が多く、水に溶けない「脂溶性」であることから少しとろみがあることが多くなっています。元々肌に含まれる成分であることから「安全性が高い」のも特徴で、敏感肌の人でも使用しやすくなっています。

セラミドは天然成分のものと、良く似せて作られた人工のものが存在し、それぞれ○○セラミドのように原材料に書かれています。天然由来のものの方が肌なじみが良いといわれているため、選ぶ際の基準にするのも方法です。

食品ではコンニャク芋に多く含まれる

セラミドが多く含まれる食品に「コンニャク芋」があげられます。特に生コンニャクには多くのセラミドが含まれているため積極的に取り入れたい食材になっています。黒豆や大豆、ヒジキや昆布といった食材にも含まれていて、「牛乳」からも摂取することができます。抗酸化作用がある「ビタミンC」や「ビタミンE」も積極的に摂取して、新陳代謝も高めることも重要で、総合的なバランスも大切になってきます。

これはセラミドだけを摂取しても、肌にいきわたらなければ効果を実感し辛くなってしまうからです。セラミド単体での摂取は難しいため、不足が気になる場合は美白サプリなどのサプリメントで補うのが効率的です。

まとめ

セラミドは細胞と細胞をつなぎ、潤いを閉じ込めるために重要な成分です。肌を守るバリアとしての機能も持ち、化粧品などに含まれるケースも増えています。ただし、肌のターンオーバーのためには「内側からの摂取」も欠かせないため、美白サプリなどでセラミドを効果的に補うのも方法なのです。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top