色黒でも効果があることが。美白の重要なポイントとは

元々の肌が「色黒」だと、「美白」も諦めてしまいがちな女性は多いです。しかし、紫外線は一年中降り注いでいるため、知らず知らずに日焼けして色黒になっている人も多いのです。自分の肌色をしっかりと見極めて、お肌のケアをすることが重要なのです。

お尻やお腹に本来の肌色が隠れている

色黒の原因は遺伝だけではなく、日常的に浴びている「紫外線」が原因の場合があります。紫外線は夏以外も降り注いでおり、肌が敏感な人は冬の紫外線でも「メラニン」が反応し、肌が浅黒くなってしまうことがあるからです。

肌を元々の生まれつき以上に白くすることはできませんが、紫外線に反応する前の白さまで戻すことは可能です。目安になるのがお腹やお尻といった、普段肌を露出しない部分です。意図的に焼いていたり露出していなければ、そこに本来の肌の色が隠れています。美白を目指す場合は、「普段見えない部分」を基準にすることが重要で、メラニン色素を取り除くことで色白美人を目指すことができるのです。

ケアをするなら、まずは紫外線防止から

顔や腕以外の部分で本来の肌色を確認し、本来の肌が白いことがわかったら、真っ先にするべきなのは「紫外線の防止」です。これは美白に力を入れても紫外線の影響でメラニンが分泌されては意味がないからです。

色黒の人は、紫外線に「敏感」な人が多いため、冬であっても対策が必要です。紫外線対策のコスメやクリームを揃えたら、美白を徐々に意識していきます。大切なのはメラニンの予防と除去です。美白のための化粧品は様々ありますが、「ハイドロキノン」が入っているものが比較的効果を表しやすくなっています。美白のためのケアをしたら、しっかりと肌を休めることも大切です。美白のための成分を塗った後は日焼けしやすくなっているケースが多いからで、タイミングにも気を付ける必要があります。

身体の内側から美白を目指すなら、美白サプリや美白ドリンクで

身体の内側から美白を目指すのであれば、「ビタミンC」は欠かせない栄養素です。メラニンの過剰な分泌を抑止し、肌の生まれ変わりを促進することで白い肌を目指すことができます。「プラセンタ」は厚生労働省認可の美白成分で、メラニンの排出だけでなくアンチエイジング効果にも期待できます。

ビタミンCは食事や飲み物で摂取できますが、プラセンタは食事ではとることができません。そのため、効率的な美白を目指すのであれば美白系の化粧品と美白サプリ、ドリンク剤を併用するのがポイントになります。過剰にとっても早く美白ができるわけではないため、使い過ぎを避けて「日頃の習慣」として組み込むことが大切です。

まとめ

色黒でも、紫外線の影響で知らない間に日焼けしていることがあり、美白も効果的なことがあります。お腹やお尻など、普段日が当たらない部分で本来の肌色が確認できます。日焼けが原因の場合は紫外線を防止しながら、化粧品や美白サプリを使うことで美白効果を実感しやすくなります。肌の生まれ変わりには時間がかかるため、じっくりと取り組むことも大切です。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top