誰もが求める美白にとって効果的な方法とは

「白く美しい肌」は多くの女性の憧れで、「美白」は様々な研究が進んでいる分野でもあります。美白のために必要なケアの方法や成分は日夜発見されていて、美白のためにどれを取り入れていくのかも重要なポイントになってきます。

基本は「メラニン発生」を抑制すること

「メラニン」は肌を守るために必要な色素ですが、メラニンの過剰な分泌は「シミ」となり、肌を黒く見せてしまう原因にもなってしまいます。美白の基本はこのメラニンの分泌を抑えることで、肌のターンオーバーと共にメラニンを排出できるかがカギとなります。

メラニンは肌を紫外線から守るために作られるようになっており、他にも肌をこすることや、化粧品やメイク落としなどの刺激で発生することもあります。ニキビの跡が「色素沈着」をおこすとシミになってしまうのも、メラニンの仕業です。

基本はUVカットの化粧品などを使い、紫外線をカットしてしまうことです。日焼けを可能な限り避け、肌への刺激も避けるのがポイントです。夏以外でも紫外線は降り注いでいるため、サマーシーズン以外も紫外線対策をすることも重要です。

有効な美白成分はたくさんある

美白に有効な成分は次々と発見されており、身体の中から美白を目指せる時代になってきています。昔から使われていたものが新たに見直されるケースも多く、積極的に生活に取り入れることも重要です。

メラニンの働きを抑えることができる美白成分が、「ビタミンC」です。アスコルビン酸と表示されることもありますが、非常に手に入りやすいのも魅力です。「L-システイン」もメラニンの生成を阻害することで近年注目されている栄養素です。「プラセンタ」はアンチエイジング効果で注目されており、肌の新陳代謝を活発にするといわれています。

美白サプリにはこれらの成分が豊富に含まれていることが多く、美白サプリ選びの一つの基準になっています。

美白化粧品も進化している

近年美白に対して非常に効果的として注目が集まっているのが「ハイドロキノン」です。アメリカでは美白の中心的な存在でしたが、日本では2001年の薬事法の規制緩和から大きく広まりました。

ハイドロキノンはメラニンの分泌を抑えるだけでなく、「色素沈着」にも有効であることから主に美容皮膚科などで利用されています。現在では2%までの配合量であれば化粧品などにも含められるため、より手に取りやすくなっています。

ただし、美白成分が強い分、ハイドロキノンを使った後に日光を浴びると通常よりも早く日焼けができてしまうという報告もあり、しっかりとした「紫外線予防」とセットで使うことが重要です。美白成分として知られる「アルブチン」もハイドロキノンを参考にして作られているのです。

まとめ

美白の方法は進化していて、様々な方法から選ぶことや組み合わせることができます。基本となるのは「紫外線予防」で、皮膚のメラニンを少なくしていくのが重要です。組み合わせることで最も効果的になるものもあるため、美白サプリと美白化粧品など、身体の内と外で考えていくのも方法です。

当サイトでオススメする美白サプリBEST3

ロスミンローヤル
1,900円(税抜)
シミにも小じわにも効く唯一の美白サプリ!
美白成分の「L-システイン」「アスコルビン酸」を配合。シミ・ソバカスだけでなく小ジワにも効果が認められています。さらに生薬配合だから冷え性や肩こりなどの症状も改善します。
キミエホワイト
1,900円(税抜)
にきびや湿疹などの肌トラブルにも効く!
美白に効くL-システインの他にパントテン酸Ca配合!パントテン酸Caは肌トラブルだけでなく疲労や二日酔いにも効果あり!
マスターホワイト
6,000円(税抜)
美容成分が凝縮された贅沢な美白サプリ!
セラミド,βカロチン,ビタミンなどがたっぷり配合された美白サプリです。価格は高めですが、美肌と美白が気になる女性にオススメ。


>> 美白サプリランキングをもっと見る

当サイトのイチオシ商品は?

当サイト売れ筋No.1!

ロスミンローヤルはしみ・ソバカスに悩む女性から圧倒的な支持を受けている医薬品です。サプリメントとは異なり、しみやソバカスなどの改善効果が認められています。

ロスミンローヤルの特徴は何と言ってもL-システインとアスコルビン酸、パントテン酸Ca。これらがしみ、そばかす、小ジワなどに効果を発揮します。さらにロスミンローヤルには生薬も配合されているため血の巡りをよくする効果も。だから冷え性、肩こり、腰痛などへの改善効果もあります。

しみやそばかすといった美白のお悩みだけではなく、女性特有のお悩みは幅広く改善してくれるのがロスミンローヤルです。

Top